スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鷲見ヶ原うぐいすの論証

というわけで退屈しのぎに買ってきたよ
2冊買ったんだけど、今日は「鷲見ヶ原うぐいすの論証」のほうを読みました

内容はですね、ヒロインのうぐいすさんが微妙に電波な感じのサボリ屋スーパー超天才隠れきょぬーで、
しかも小難しい話が得意という俺のツボをパーフェクトに抑えた(ry

いや本当の内容はたぶんミステリーです。ファンタジックな感じです。なぜか不完全性定理とかに興味がある人はより楽しめる気がします。
ただし自然科学的小難しい話が嫌いな人は入り口でうぐいすさんにdeathtouchされる恐れがあるので気を付けて。
逆にそういうのが好きな人はうぐいすさんと仲良くしてあげるといいとおもいます。

ミステリー部分に若干の無理がある気もしなくもないし、数学(および物理)に造詣が深い人は「それは解釈を間違ってる」とか言いたくなるかもしれません(自分は「なんか騙されてる気がする」程度でした)が、モノを理詰めで考える人はうぐいすさんの思考についていけるかどうか試してみてはいかがでしょーか。自分は負けました。
うぐいすさんかわいいようぐいすさん。




桜庭氏のGOSICKシリーズ(←漫画化されててびっくりした)の愛読者的には似たような感覚で読めましたよっと。



あと割と関係ないけど「君の知らない物語」が神曲すぎる。
CD買わざるをえない。



あまらん1位オメ。
comment

post comment


| top |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。