スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムチャシヤガッテ・・・

延長29回・351球で負け…国体軟式野球
 新潟県佐渡市で27日行われた新潟国体の軟式野球で、延長29回、6時間10分に及ぶ試合があった。


 ◆照明設備なくて試合途中に移動◆

 成年男子の1回戦、兵庫(日亜鋼業)―埼玉(パイオニア川越)戦で、0対0のまま29回に突入。29回表に兵庫が2点を挙げ、その裏を抑えて勝利した。

 試合は午後1時10分、佐渡市つつじヶ丘公園佐和田野球場でスタート。午後5時に延長18回を終えたところで、いったん中断。ナイター設備のある市内の別の球場に移動し、1時間後に再開した。

 国体実行委員会によると、軟式野球の大会規定には、延長時間や回数を制限する規定がない。1人で投げ抜いた埼玉・今井投手の球数は、351球に上った。両チームの応援団は、午後8時20分の試合終了までスタンドで声援を送り続けた。

(2009年9月27日22時29分 読売新聞)

----
よく頑張った。感動した!
28イニング投げて0点とか3試合完封じゃねえか!SUGEEEEEEEEEEE!!1!

とかそういうことじゃなくて、延長関連のルールくらい決めとけよwwwwww
comment
負けた方地元すぎる

post comment


| top |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。