スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さいきんのニュース

今何かと話題の事業仕分けですが、会議場の映像によく出てくるおばさん(あえて名前は出さない)含め仕分け人の頭の悪さが異常すぎる
草はやそうかと思ったけど全然笑えない

というか今までも似たようなことやってて、今回からたまたまテレビで放送されるようになっただけなんだろうからいちいち反応するのも踊らされてるみたいで嫌なんだけど、ニュース記事を読んでても奴らは金さえ捻出できればなんでも良いと思ってるんじゃないだろうか

いちおー情報工学に携わる人間としては、理化学研究所の「次世代スーパーコンピューティング技術の推進」が「来年度の予算計上の見送りに限りなく近い縮減」とかなってたり、
今日の「GXロケット」を「廃止」したり、
「世界トップレベル研究拠点プログラム」「若手研究者育成の競争的資金」「情報通信分野ベンチャー支援」「電波利用共益費用」を悉く「縮減」してたりするのが信じられない。

科学技術立国はこれから何でメシを食っていくのでしょうか・・・



「(スーパーコンピュータについて)なぜ世界一なのか。世界で二番目じゃなぜダメなのか」



仕分け人「防衛省のシステム調達で仕様書に特定メーカの型番が記載されているのは特定メーカの優遇処置で競争がおきず高価になっているのではないか」
防衛省「大手メーカの型番を書いて同等品も可とするのは普通」
とある仕分け人「普通じゃねーよ」
防衛省「普通だって...」


この2発言は本当に引いた。
理系学生的な心が折れるかと思った。



あとポッポを誰k・・・おっとさすがにここにはかけない
comment
スポーツ関連予算を削るのも勘弁してほしい
スポーツとか予算なくても大して困らなくね?って思ってるんだろうがスポーツが衰えたら多分世の中はひどく退屈になって色々とどうしようもなくなる。大げさかもしれんけど。

post comment


| top |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。