スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は本当に終わったのかもしれない

東京大学 有志学生による事業仕分けに関するアンケート・署名活動
http://wakate.digitalmuseum.jp/

というようなことを東大理系のなかでもとりわけ優秀な理学部物理学科の方々が行っていたようです。

昨日、プレスリリースが行われたようなのでとりあえずその結果から↓
http://wakate.digitalmuseum.jp/files/press_release.pdf(簡易版)

以下pdfめんどくせえよって人のために上の資料から引用です。

----引用ここから----

われわれは東大理系学生へのアンケート調査を実施した(総有効回答数2,133 人)。
特に公的機関での研究職を志望する学生(有効回答数946 人)のうち、36.7%が
「研究者になるのをあきらめることを考える」と回答、他にも「これから海外活動を視野に入れる」、
「海外へ行く可能性がさらに増した」と回答した学生がそれぞれ36.4%、29.8%との結果を得た。
縮減の結果、将来的に人材が深刻に不足し、日本の科学研究レベルが低下することへの懸念が浮き彫りとなった。

----引用ここまで----

日本から研究者がいなくなるぞwwwwww
政治屋さんはもう今更体裁とか細かいこと気にしなくていいからはやく何とかして(^o^)
comment

post comment


| top |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。