スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《てぃんくるの致死罠/Tinkle's Lethal Trap》

今日は6月発売分電撃文庫のフラゲ日でした。中間テスト近いし、1限に間に合うように大学に行こう
と思ったのですが、直進すべき交差点で自転車のハンドルを左に切っていました
そして気がつくとそこはあにまて@秋葉原の前でした

見えざる神の手マジ恐怖。

前置きはこのへんにしておいて、
今日買ったのは『ロウきゅーぶ!2』です。

前巻は電撃小説大賞受賞作品をまとめ買いしたときに紛れ込んでいたのですが、
題材バスケ絵師てぃんくるメインヒロインちいさいおにゃのこ5人
と、1本でも十分なのに無駄に3本の矢を使ってその全てで俺の急所を狙撃してきた神作品です。
銀賞の受賞作品ですが、ここ数年金賞より銀賞作品のほうが(ry

で、まさか続刊は出ないだろうと思っていたのですが、先々月とあるルートから入手した6月の新刊リストに『ロウきゅーぶ!2』とか書いてあるじゃないですか。
そんなわけで今日をすごくすごく楽しみにしてたんですよ、ええ。

普通の本ならそのまま大学で読むわけですが、なにせ相手はあのてぃんくる師です。
前巻の流れを汲むとどこにどんな罠が仕掛けられてるかわからないので、はやる気持ちを抑えつつ
3時間かけて微分方程式を解くだけの実験(解答が間違っていたのはヒミツだ)を片付けて、
帰宅して表紙をめくって死にました。

入り口のカラー挿絵で致命傷だよ!

・・・肝心の内容ですが、今作もバスケに限らずスポーツをやってた人なら盛大に共感できるであろう心理の描写がとっても素敵でした。
なお、「おい主人公今すぐそのポジションを俺に譲れさもなくば氏ね」の流れになっているのは仕様です。

また、作者が3本の矢では足りないとあらぬ思い違いを起こしたのかどうかは知りませんが、ツンデレ幼なじみという4本めの矢が俺の急所を射抜きました。
彼女の登場は完全にオマケだったけども、まぁ続刊に期待と言うことで。

本屋では立ち読みしないことを強くオススメします。あなたの社会的地位が大暴落すること請け合いです。





ついでに1巻の宣伝も置いてみる。


いいか、お前ら この表紙を見ろ。
この子がバスケのユニフォームを着てワンハンドで鮮やかなジャンプシュートを放つ光景を想像しろ。
ほら、なんかもうおなかいっぱいじゃん。
comment
買ってみるわw

誰かがいるところで読むなよ!絶対だからな!

post comment


| top |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。